レッドスムージーはフルーティーで飲みやすい

レッドスムージーを飲むメリットは、飲みやすい点です。
スムージーは青臭いイメージが強く飲みにくいイメージがありましたが、
レッドスムージーはトマトやにんじんなどの赤い野菜をメインに使っているので、フルーツっぽさを感じることができるので
飲みやすいスムージーです。青臭いの苦手な人でも取り入れやすいのがレッドスムージーのメリットであると言えます。
また、赤い野菜はビタミンなどアンチエイジング効果が期待できる栄養分が豊富なのもメリットです。
美肌に欠かせない栄養分がしっかり含まれているので飲むだけで美しい肌へと導きやすくしてくれます。
2. レッドスムージーの作り方を自由に書いてください。
レッドスムージーの中でも飲みやすくておススメなのが、イチゴとトマトのスムージーです。
1人分の材料で、いちご5粒から6粒、トマト4分の1個、ヨーグルト大さじ3、牛乳もしくは豆乳150cc、はちみつ大さじ1です。
イチゴは冷凍のものでも構わないので、イチゴの時期でなくても楽しむことができます。
イチゴの甘酸っぱさが強めなので、スムージーに飲み慣れていない方でも美味しく飲むことができます。
牛乳や豆乳を使うことで腹持ちがよいので朝食におススメしたいスムージーです。
3. レッドスムージーを飲む時の注意点は何ですか?
レッドスムージーを摂取するときに注意することは、栄養の吸収が一番良い朝食の代わりに摂取することです。
朝食にビタミンなどの抗酸化作用のあるものを摂取することは美肌につなげるのに大切なことと言えます。
そして、レッドスムージーを作ったらすぐに飲むことです。
果物や野菜に含まれている栄養素は酸素に触れることで他の物質に変化してしまい、放置してしまうことで栄養価も落ちてしまうからです。
レッドスムージーの美肌効果を効果的に得るためには、毎日摂取することです。
最低でも2ヶ月から3ヶ月は続けることで効果を実感できるようになり、免疫力アップにもつなげてくれるからです。
4. レッドスムージーについて思う事を自由に書いてください
レッドスムージーはトマトやイチゴ、赤パプリカといった赤い食材にグレープフルーツやオレンジなどの果物を組み合わせることで
グリーンを主体にしたスムージーよりも飲みやすくし、そして赤い食材に豊富に含まれている肌に良い栄養成分を飲むだけで摂取することができるので
美肌を目指している人にはレッドスムージーを飲む習慣をつけて、美容成分を肌に効果的に摂り入れて、アンチエイジング効果を得ることにもつなげてくれます。
レッドスムージーは飲みやすいスムージーなので、スムージーが初めての人にも取り入れやすいと言えます。

セブンデイズカラースムージーの口コミ

レッドスムージーのメインは赤い果物

今何かと話題のスム―ジーはジュースと違い素材そのまま丸ごと食べられ身体に無理なく吸収される点に利点があると思います。グリーンスムージーが一般的であるのは便秘解消や肥満解消その結果のダイエットと言う嬉しい結果があると感じています。その上に立ちレッドスムージーは赤の食材にこだわり赤色のスムージーを作る事です。赤の食材は主にトマト・イチゴ・ベリー(赤濃い紫等々各種類)を使いますがダイエットドリンクとして人気の理由はその酵素量が多いと言う理由からです。グリーンダイエットに用いられるドリンクの酵素量は約80くらいですが、レッドスムージーは230と言われ約3倍の酵素量があると言います。酵素は脂肪を燃焼し太る原因脂肪と糖をカットすると言う嬉しいことがいっぱいですのでこのレッドスムージーは低カロリーで身体によく置き換えることでさらにダイエット効果や美肌・免疫向上・体内デトックスにも力を発揮してくれます。

レッドスムージーの作り方

たくさん種類のある中でおすすめのレッドスムージーは食材は事前にカットして冷凍しておきます。多めにカットしておくといつでも作ることが出来るので大変便利です。イチゴ100gラズベリー10粒 セロリ少々(多めでもOK)バナナ半分 リンゴ 1/4個 カスピ海ヨーグルト50g位を入れます。セロリはあってもなくてもいいですがバナナやほかの食材であまりセロリ感を感じないので鎮静作用・食物繊維も豊富で、便秘にもいいので身体のため少し入れるといいと思います。リンゴの甘味はカロリーカットにバナナは腹持ちも良く甘みもあるのでどんなスムージーにも半分でなくても手軽に使えます。全ての食材をミキサーにかけていただきます。

レッドスムージーを飲む時に注意する事

イチゴ・ラズベリー・トマト等々の赤の食材ばかりを中心にしたレッドスムージーを飲み続けると確かに酵素量も多く通常のグリーンドリンクなどに比べ多く取ることは出来ますが、植物繊維量も少なくカロリーも全体的に少なくなるのでそのほかの栄養は違ってきます。そのため、赤にこだわったレッドスムージーを愛飲するとしても見た目が赤であっても中にセロリ・大根・アボカド・マンゴ・ヨーグルトなど量を考えミキサーすることでレッドスムージーを楽しむことができます。ダイエット中心だけにとらわれずバランスの取れた飲み方をしなければいけないと感じます。また、食事に置き換えて飲用する場合はゆっくり味わい、他の食事のように良く噛んでいただくような感覚で飲めばますますレッドスムージーの効果も表れます。一気に飲まず一滴一滴楽しんでほしいです。

レッドスムージーを飲んだ感想

レッドスムージは色が綺麗な事で何だか嬉しい気分になります。グリーンドリンクやグリーンスムージーは健康に良いから身体に良いからとまずくて我慢して飲むイメージがついあります。色はレッドだけれど食材を色々変えていきながら種類を楽しみながら、たとえトマトだけの量が多くなってもそれを補うバナナやリンゴで作ることや甘味ははちみつで代用したりしていきたいと普段から思っています。自家製のカスピ海ヨーグルトをベースに濃厚なレッドスムージーは毎朝最高のスムージーになっていますがついつい量を多く作りすぎるのでダイエットにはほど遠くなります。朝の忙しい時間にレッドスムージーは大変重宝する素敵な一食になっています。

すっきりレッドスムージー本音の口コミ

レッドスムージーで置き換えダイエットに挑戦!

普通の一般的なダイエットの食事制限などは、リバウンドしてしまう可能性が高いダイエットなのですが、このレッドスムージーによる置き換えダイエットは、このリバウンドの可能性が低いということです。食事制限や運動などでは、天候に左右されたりして、行えずにそのまま諦めてしまったりすることがあるのですが、置き換えダイエットにより、確実に習慣化することができ、また比較的に安く手に入るので、続けやすいというメリットがあります。
2. レッドスムージーの作り方を自由に書いてください。
私は一度母親と一緒にレッドスムージーを作ったことがあるのですが、私が作ったレッドスムージーの材料としては、まずミックスベリーとヨーグルトを混ぜて、そこに牛乳、はちみつを入れて、最後にミントを乗せたものを飲みました。初めて市販のものではなく、自分で作ったレッドスムージーを飲んだのですが、思ったよりおいしく作れたのを覚えています。また違ったレシピで作ったりもしたのですが、割合を間違いなければ美味しく作れます。
3. レッドスムージーを飲む時の注意点は何ですか?
レッドスムージーを飲むときの注意点としては、暑い日に飲んだりすることもあると思うのですが、あまり温度を冷たくしたり、氷を入れすぎて作ってしまうと、レッドスムージーの中の酵素が死んでしまい、あまり効果を得れなくなってしまうことがあるようです。それを防ぐためにはできるだけ冷たくしすぎずにできるだけ常温で飲むのが一番良いみたいです。また割合を間違いすぎると、ダイエット効果を失ってしまうみたいなので、そこにも注意です。
4. レッドスムージーについて思う事を自由に書いてください
私がレッドスムージーを飲み始めたのは、1年前くらいなのですが、飲み始めて約1ヶ月で2キロのダイエットに成功しました。そして最初に述べたメリットのところにもあるようにリバウンドがほとんどありません。また私は運動も同時に行っているので、効果もずっと出ています。食事の一つに組み込むことで、毎日継続させていくこてができますし、味もおいしいのでしっかりと続けていくことができます。原料も安いので、もっと自分で作ってみたいと思います。

ビーツを入れるのが私流のレッドスムージー

レッドだけでなくスムージー全体に言えることですが、食物繊維やビタミンがたっぷり摂取できることが一番のメリットです。コールドプレスジュースと違い、果物や野菜すべてが含まれているので、栄養素をすべて摂取できます。レッドのメリットは、特にビタミン豊富なフルーツをふんだんに使うことです。飲む血液ともいわれているビーツを使うので鉄分も豊富に含み、植物繊維と天然オリゴ糖は腸内環境を整えるたりデトックス効果も期待できます。
2. レッドスムージーの作り方を自由に書いてください。
材料:
下ごしらえしたビーツ1/4個、マンゴ1/4個、セロリ半分、イチゴ4つ、レモン汁1/4カップ、りんご1/4個、ココナッツウォーター
作り方:
ビーツを洗い沸騰したお湯で30-40分煮て下ごしらえします。(時間はビーツの大きさによる)
下ごしらえしたビーツの皮をむき、分量を一口大に切ります。
その他の材料もすべて一口大にきります。りんごは皮を良く洗い皮ごと使います。
材料をすべての材料をブレンダーでジュースにして出来上がり。
3. レッドスムージーを飲む時の注意点は何ですか?
ビーツを入れすぎるとビーツの味が濃く出るので、ビーツは一回のスムージーで1/4個以上は入れないようにしています。レッドスムージーは、時間が経つと色が茶色っぽく変色するので作りたてを飲むのをお勧めします。
ビーツの赤色は落ちにくいので、飲むときはこぼさないように注意をして飲みます。水筒に入れて車で飲んで白い洋服についてしまい取れなくなってしまった経験があります。洗っても黄色いシミになって取れなくなってしまいました。
4. レッドスムージーについて思う事を自由に書いてください
レッドスムージーはその効能だけでなく、見た目もかわいくて大好きで2日に一回は飲んでいます。飲むだけでなくボウルに入れてブルーベリーやバナナ、ナッツなどをトッピングしてミントを飾ってスムージーボウルにしても楽しみます。
レッドスムージーに入っている食材はすべて冷凍できるものなので、一回分筒冷凍して朝の時間節約もできます。
レッドスムージーにほうれん草やケールなどのグリーンを入れてしまうと、茶色いスムージーになってしまうので、グリーンは入れないようにしています。